Zeit-Foto Salon EXHIBITION ツァイト・フォト・サロン 展覧会情報

青木野枝 作品展 『空の粒子』

2009年6月9日(火)〜7月1日(水) 日・月・祝日休廊
10:30-18:30 (土-17:30)

彫刻をつくっている時には、自分に見えている世界をつくっているのだ という自覚がある。私にとって世界はこう見えているということを彫刻でつくりたい、と思う。
でも、写真を撮っていると、私の目には見えなかったものがうつし出されていることに気がつく。世界に向かってシャッターを押しているけれど、写ったものは私の目ではとらえられなかった風景である。
その風景をフォトコラージュにしていくことで、自分にとっての世界をつくっていこうとしているのだと思う。それは 言ってみるならば、写真を私の彫刻としていくことなのだ。

2009年3月 青木 野枝

(C) AOKI Noe


AOKI Noe 青木 野枝

1958 東京に生まれる 
1981 武蔵野美術大学造形学部彫刻学科を卒業
1983 武蔵野美術大学大学院造形研究科(彫刻コース)修了
2009 現在 東京在住

<受賞歴>
1997 第9回倫雅美術奨励賞(創作部門)受賞
2000 平成11年度(第50回)芸術選奨文部大臣新人賞受賞
2003 第33回中原悌二郎賞優秀賞受賞
    第20回記念 現代日本彫刻展下関市立美術館(植木茂記念)賞受賞
2009 第19回 公益信託タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞

<主な個展>
1994 「SHISEIDO GALLERY ANNUAL'94 青木野枝個展」 資生堂ギャラリー(東京)
1995 「近作展-19 青木野枝」 国立国際美術館(大阪)
1989 ギャラリー21+葉 (東京、同1992,’94,’96,’97,’98,2000,’02,’04,’06,’08年)
2000 「青木野枝展-軽やかな、鉄の森」 目黒区美術館(東京)
2003 「熊と鮭に」 国際芸術センター青森
2004 「空の水」 入善町下山芸術の森 発電所美術館(富山)
2007 “Embracing Light:iron”(光を内包する:鉄) Heyri Art Valley(韓国)
2008 ギャラリー・ハシモト(東京、同2009)
    上海美術館(中国)   
    金津創作の森(福井)
    Keumsan Gallery 北京(中国)
    アーティストキャンプ<青木野枝> 宮崎県立美術館

<主なグループ展>
1986 「第6回ハラアニュアル」  原美術館(東京)
    「現代日本の美術3戦後生まれの作家たち」  宮城県美術館(仙台)
1988 「第7回平行芸術展」  小原流会館(東京)
1989 「ユーロパリア1989ジャパン現代日本彫刻展」  ミデルハイム野外彫刻美術館(ベルギー)
1990 「現代彫刻の歩みIII「1970年代以降の表現一物質と空間の変容」  神奈川県民ホール ギャラリー(横浜)
1992 「語り出す鉄たち一今日の金属彫刻から」  東京都美術館
1996 「第6回富山国際現代美術展」  富山県立近代美術館
1998 「インサイド/アウトサイドー日本現代彫刻の8人」  新潟県立近代美術館
1999 「第5回瀬戸田ビエンナーレ」  広島県瀬戸田町
    開館10周年記念「世界を編む」  横浜美術館
2001 「椿会展」 資生堂ギャラリー(東京、同’02,’03,’04,’05年)
    「ヴァイブレーションー結びあう知覚」 宇都宮美術館(栃木)
2002 「美術の力?時代を拓く7作家」 兵庫県立美術館(兵庫)
    「TRACES, IMPRINTS AND TALES」 日本現代美術展 ケラバ市立美術館他 (フィンランド)
    「彼女たちが創る理由」 長野県信濃美術館
    「越後妻有アートトリエンナーレ2003」 新潟県越後妻有(’06)
2005 「創造のさなかに」 練馬区立美術館
2006 開館記念展<縄文と現代?2つの時代をつなぐ「かたち」と「こころ」> 青森県立美術館
2007 「プライマリーフィールド」 神奈川県立近代美術館・葉山

<主なパブリックコレクション>
伊勢丹相模原店(神奈川)、宇都宮美術館、大分市美術館、神奈川県立近代美術館、霧島アートの森美術館(鹿児島)、近畿日本鉄道株式会社(大阪)、国際芸術センター青森、国立国語研究所(立川)、国立国際美術館(大阪)、(株)資生堂、瀬戸田町(広島)、千葉市、豊田市美術館、中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館、名古屋市美術館、新潟県立近代美術館、文化庁、広島市現代美術館、目黒区美術館、安田火災海上保険株式会社(東京)

(C) AOKI Noe

E-mail: ZF@zeit-foto.com

Zeit-Foto Salon EXHIBITION INFO ツァイト・フォト・サロントップ

Zeit-Foto Salon Official site : http://www.zeit-foto.com/

Copyright (C) 2002-2007 ZEIT-FOTO SALON Corporation. All Rights Reserved. mail to