Zeit-Foto Salon EXHIBITION ツァイト・フォト・サロン 展覧会情報

マツオカヒロ 作品展 『Scenes and Stories』

2009年1月13日(火)〜2月5日(木) 日・月・祝日休廊
10:30-18:30 (土-17:30)

街で出逢った風景

ある意味で、写真作品ほど作家の主観的な見方が直接表現されるメディアはないのでは、と思うことがよくある。写真は必ず実存する対象を必要とするが、一見客観性を帯び、作家の意思から独立した存在であるはずの撮影対象は、視点、つまりカメラの位置を変えるだけで、それまで全く予想さえしなかった顔を見せることになるからである。現実に存在する物や人物を撮影しているにも拘わらず、写真作品が「虚構の世界」を提示できるのは、作家と言うフィルターを通しているからに他ならない。
自分を引きつける何かを持った風景や状況を、撮影と暗室作業を通して印画紙上にひとつの「絵」として成立させる作業は、それまでの長い思考の末に構築された理論を常に現在進行形で自分のコントロールなど及ばない外の世界という具体的な対象に折り合わせることでもある。厳しい現実を前に、自分の理想が完全にヴィジュアル化されることなどあり得ないが、時折、偶然の結果として自分にはそれまで想像さえできなかった「絵」を目の当たりにすることがある。
そんな時、街の日常風景が小説よりもストーリー性に満ち、劇場よりもライヴな表現を内包していることをあらためて思い知らされるのである。

2008年9月 マツオカヒロ

(C) Hiro Matsuoka

写真集 「Scenes and Stories」 から、
選りすぐりのモノクロ写真作品を発表致します。

Hiro Matsuoka マツオカヒロ

1968年生まれ
現在 ドイツ、ケルン在住

〈個展〉
2008年「Portrats」 ビルダーラーメンヴェルクシュタット・ヴィスドルフ、ケルン
2007年「Scenes and Stories」 コワサ・ギャラリー、バルセロナ
2006年「Stories」 写真フォーラム、ケルン
2005年「Decent Exposure」 ギャラリー・モースガッセ、ケンペン 
2004年「Schattenspiel」 クンストハウス・レナニア、アトリエ 03、ケルン

〈グループ展〉
2008年「Paris Photo」 ギャラリー・アガテ・ゲイヤー、パリ
2006年「Novart」 芸術フェスティバル, ボルドー
2005年「Fragments of Reality - Contemporary Japanese Photography」ブルガリア国立美術館、ソフィア
2005年「Young Artists - Fotografien」 ロトンダ・ギャラリー、ケルン
2003年「Images against War」 ギャラリー・リヒトブリック、ケルン 
         ブリュッセル、ベルリン、シカゴ、シンシナティーに巡回 
2002年「16. Internationale Photoszene Koln」 クンストヴェルク、ケルン 
2001年「KolnKunst 6」 ヨゼフ・ハウブリッヒ・クンストハレ、ケルン 
1998年「L. Fritz Gruber」 ギャラリー・リヒトブリック・ダウンタウン、ケルン

〈出版〉
2007年「Scenes and Stories」

(C) Hiro Matsuoka

E-mail: ZF@zeit-foto.com

Zeit-Foto Salon EXHIBITION INFO ツァイト・フォト・サロントップ

Zeit-Foto Salon Official site : http://www.zeit-foto.com/

Copyright (C) 2002-2007 ZEIT-FOTO SALON Corporation. All Rights Reserved. mail to